不動産の売却

不動産の売却には不動産会社の買取と仲介の2パターンがあります。買取は不動産会社自体が買い手となります。仲介は不動産会社を通して一般のお客さんに売られます。買取は即座に売却することができます。仲介ではないので手数料もかかりません。ただし買取価格が仲介の場合よりも低いことがデメリットです。仲介の場合は売却価格が査定額を下回る可能性があることや購入者が見つかるまで売却できないこと、手数料がかかるなどのデメリットがあります。

不動産を売却する際には売却を依頼する不動産会社選びが重要です。不動産会社の情報はインターネットから得ることができます。それぞれの会社はそれぞれの強みを持っています。いくつかの不動産会社から見積もりを取ります。それを確認したうえでいくつかの会社に見積もりを依頼しましょう。ひとつの会社だけに依頼するのは危険です。見積もりの内容や対応などからいくつかの会社を比較して依頼先を選びます。たいていの場合は最も高い値をつけてくれた会社に依頼します。数百万の単位で見積もり額が異なることがあるので、少しでも高く売りたいのであれば会社選びは大切なポイントになります。このような会社に依頼せず自分で売る相手を見つけることができればそれでも問題はありません。売買の契約でも契約書にしっかり目を通してください。


管理人:井上 強

  • こんにちは。サイト管理人の井上 強です。不動産についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@techypakistan.com

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。