住宅購入のトラブル

新築一戸建て購入で最も多いのが契約のトラブルです。当初予定していた予算をおーばーしてしまったというトラブルはよく起こるそうです。契約後に追加の注文も行ったことがたいていの原因です。時間をかけて計画を立てていたとしても途中でああしたいこうしたいと考えが変わることはよくあります。このような諸経費がかかることも事前に頭に入れて資金計画を立てましょう。その他の契約のトラブルでも契約書と重要事項説明書にしっかり目を通すことで回避することができます。これらの書類の内容を見落としたり、理解していないまま契約を結んでしまいトラブルが起こることもあるので、分からない部分は事前に質問して疑問点を解消したうえで契約を結びましょう。工事で発生したトラブルなどは無料でメーカーが補修してくれます。家を引き渡して住んでみて発生してしまったトラブルは対処がしがたいのです。購入前とのギャップが生まれないように何度も家を建てる場所に出向くことが大切です。曜日や時間帯が変わると受ける印象も変わるはずなので様々な曜日時間帯に訪れることがおすすめです。そのほかにも住宅の引き渡しトラブルがあります。未完成の状態で引き渡しを求めてくる場合は要注意です。引き渡しは家が完成し問題がないか確認したうえで行ってください。


管理人:井上 強

  • こんにちは。サイト管理人の井上 強です。不動産についてサイトを運営しています。 連絡先:admin@techypakistan.com

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。